写真屋殺人事件と韓国拉致捏造?

私は今年の8月14日にお盆で実家のある洞爺湖町のコンビニに買い物に行って以前そこのコンビニの向かえに私の死んだ同級生の写真屋があったので店員が知ってるか聞いてみると彼処は一家心中してその後に不審者が出入りして不審火が出て建物が全焼したんですよこの町は噴火後にマトモなのが出て行って残ってるのはマトモなのが居ないと言い出したのであの写真屋は私の同級生だったんだけど私が聞いたのは同居の母親を私の同級生が包丁で刺殺した後に本人は首吊りしたのに階下に居る妻と小学生の子供が警察や救急車も呼ばずに一週間も暮らしていて連絡が付かないので心配した同級生の弟が警察に連絡して警察が行くと妻が出て来てちょっと待ってて下さいと言われてから時間が経っても出てこないので警察が入って二階にある遺体を2体発見したと聞いたわよと教えましたがあの写真屋の同級生の葬儀は近所に澄同級生の花屋の人が葬儀をしたので私はそこから青木君が死んだと連絡を受けました。話は後があってちょっと待ってて下さいと言われてから時間が経っても出て来ないので警察が中に入ると妻が自殺しようとしていたと聞きましたが不思議なのが遺体がある家で一週間も何故妻と小学生の子供が警察や救急車も呼ばずに暮らして居たんだろうと言う事ですしその後にヤクザが誰もが居ない建物に入り込んで不審火を出した事です。その写真屋の同級生は親の家業を継いだのですが私の独身時代や私の娘の写真を現像してくれていた人なので口封じされたのかとも疑って居ます。それを考えても拉致をしたのはヤクザや創価学会員かしら?ネットには創価学会員にはヤクザも多いとも書いてあるので他の国の人なら拉致なんか出来ないと思う私は日本の創価学会の様な新興宗教が実行しないと出来ないのが拉致事件だと思います。