東京国際大学アメリカ校へ娘に会いに行った時の実話

2010年には日本旅行キャンパスツアーで東京国際大学アメリカ校へ留学中の娘に会いに行った時に講義を受ける娘や他の学生の姿を見ていましたが何気なく今の時代は空の上から人の考えが解る事が出来る時代だと話したりアメリカと韓国は性犯罪者にチップを埋め込むと話した事が有りましたが その後に小浜のお母さん変な事を言うと言った学生が居たと聞きましたがその当時はネットにも衛星から他人の思考盗聴が出来る事は書かれて居ませんでしたが私は可能だと思ったのでアメリカ合衆国オレゴン州セーラム市にある東京国際大学アメリカ校で言ったのですが大学生にもなってこんな事も判らないの?馬鹿なの(笑)と思いましたが娘はこんな大学の学生には何を言っても頭が悪いんだから判らないんだから何も言わない方が良いよと忠告されましたが性犯罪者にチップを埋め込むのはテレビでも放送してるので小学生でも解るのよ大学生が判んないなんて馬鹿じゃない(笑)と言いましたが娘は何も判らないのも要るんだよお母さんと言うので本当に馬鹿って居るんだなーと呆れました。ポートランドでは娘とルイヴィトン直営店で買い物をしたりセーラム市でも買い物もしましたがポートランドに汽車で娘と行くとチベット仏教の小さな部屋があってお坊さんが歩いていたので見ましたがポートランドにもチベット仏教は駅前付近に有るんだなーと思いました。私は信仰心は薄い方ですが海外の古い宗教を信仰してる人は日本の仏教の宗教信者とは違う様な気がします。