2010年チベット旅行での電磁波攻撃思考盗聴の実話

2010年に私は一人でチベット旅行へ参加しましたが背のり工作拉致犯罪捏造犯罪組織団体は私に思考盗聴犯罪をして来ていたので帰りにヒルトンホテルに宿泊した時には背のり工作拉致犯罪捏造犯人達の思考が盗聴出来ましたが その思考には胡錦濤が来るかしら?来たらどうしょう。と待ちわびていた思考が盗聴出来ましたが犯人の中には当然ながら中国人も居たのも事実です(笑)それが中国共産党党員の女の党員ならそんな思考も他の国のスパイにも盗聴されていたのも事実です。(笑)その後に2011年に娘と上海旅行へ行きましたが中国共産党党員の大勢の家族が来たのも知っていました。中国共産党党員の人は雰囲気が違うので直ぐに私は解ります。上海でも胡錦濤が気付いた知ったと合図が送られるのも中国人の態度が豹変して低姿勢に私や娘になるので解りました。上海にも背のり工作拉致犯罪捏造犯人が居るのを私は見知っていました。犯人達が生き延びれないのは私は中国共産党の本も読んでるので知っています(笑)私の娘の事は中国共産党にお任せと思考送信で言われているので危険にはもう私の娘はならないと解りました。これが中国共産党の一面の思考盗聴技術なのも経験して解りました。背のり工作拉致犯罪捏造犯人の思考が既に遠くから悲鳴で聞こえています(笑)甘い工作員達だったと振り返っても小浜直子は思っています。韓国の若い女の顔が醜い工作員は美容整形をあの後したのかしら?(笑)とも思っています。(笑)あの韓国の工作員は誰が見ても醜い顔でしたから(笑)私の前に現れたのが運のつきです(笑)