2011年中華人民共和国上海旅行での出来事の結末

私と娘が行った2011年の中華人民共和国上海旅行で帰りに創価学会員爺さんが空港から消えたのは書きましたが、その帰りの飛行機の中に乗っていた中国人や中国人の創価学会員が焦っていたのも私の後ろの座席に座っていたので見知っていました(笑)拉致犯罪背のり工作集団ストーカーと小浜直子のどちらの力が強かったか明らかになっていた出来事でした(笑)勿論私の力の方が強かったのが、この一件でも解りますしこれが実例です。(笑)犯人の中に中国共産党党員が居ても私の方が力が上だったのが真実です。