小浜直子の父親の息子が医者の叔母布佐。

私の父親の岩手県花巻市に住む医師の息子が居る当時IC産業中小企業社長の叔母が私の中学生の時に遊びに北海道虻田郡虻田町の私の家に来た事が有りましたが叔母は家は城の御殿医をしていた先祖か居ると話し息子は医師をしてるとご自慢をしていました。 中学生だった私は叔母さんの息子さんは医者なの、頭が良いのねと思って叔母さんと話しました。 その後に父親と兄と3人で岩手県花巻市の叔母の家に遊びに行くと門構えのある天井の高い邸宅だったので叔母の家はお金持ちねーと子供心に思いました。 岩手県の叔母の家に父親と兄と泊まって岩手県宮城県の他の何軒かの親戚の個人病院を経営してる医者の家や医師を目指して受験勉強中の息子の居る薬局を経営している親戚、蒲鉾工場経営者、清涼飲料水工場を経営者様々親戚の家にも行きましたが父親の親戚は頭が良い人物が多いと思いました。 母親の親戚には私の家以上の金持ちも居ませんし医者は一人も居ないので父親の親戚の方が優秀な人物が多いと思いました。 叔母や父親が親戚も自慢なのが判るわーと思いながら父親の親戚を回って北海道虻田郡虻田町に帰って来た事が有ります。 私は子供の頃から頭が良い優秀な人が好きで父親の親戚の方が私の好みで父親の親戚は良いと思いました。 父親が自分の医者の親戚を自慢するのは自慢出来るからなので自慢して当然だと子供の頃から思っていました。 父親は生前人間ドックの様に岩手県花巻市の叔母の家に遊びに行っては親戚の医者に診てもらって北海道の自宅に戻っては親戚の医者を自慢して居ました。